文京区の「すまいる住宅」とは?

文京区の「すまいる住宅」とは?

前回、高齢者の住宅問題が深刻化する中で希望が持てる情報として東京都が行なっている「東京シニア円滑入居賃貸住宅」という制度をご紹介しましたが、今回はそんな東京都の中でより積極的な取り組みを行っている文京区の「すまいる住宅」をご紹介します。

この「すまいる住宅」は高齢者だけでなく障害がある人やひとり親世帯など、賃貸物件を借りづらい状況にある人たちにできるだけ住み慣れた環境で自立した生活を営むための支援を行う「文京すまいるプロジェクト」のひとつの取り組みです。

この取り組みでは高齢者などの入居を拒まない賃貸住宅の情報の提供を行っているほか、入居が決まった住宅に区が費用を払い緊急通報装置を設置したり、入居者に対してライフサポートアドバイザーの支援を行なったりというケアも実施されています。

また賃貸住宅を持つ家主に対しても高齢者などが入居している期間、区から謝礼が支払われるということもあり、借りる側にも貸す側にもメリットがある制度となっています。
高齢者の側だけでなく周辺にとっても利点がある、このような仕組みが広まってくれるといいですね。

東京シニア円滑入居賃貸住宅とは?

東京シニア円滑入居賃貸住宅とは?

ここ最近、完済時の年齢制限や健康状態の不安から高齢者は住宅ローンを借りづらいという話をしてきました。また収入の見通しがつかない事や保証人の確保が難しいなどという理由から、高齢者に賃貸住宅を貸ししぶる業者が多いという事実もあります。

そんな高齢者の住宅問題が深刻化する中、何か希望が持てる情報はないかと探してみたところ東京都の取り組みが目に入りました。
その取り組みとは「東京シニア円滑入居賃貸住宅」というもの。

高齢者が入居することを拒まない賃貸住宅の情報を、東京都の情報登録閲覧制度を使って提供しているシステムで、一般住宅や生活支援サービスがついている住宅などが紹介されています。紹介されている住宅の家賃は月額5万円から10万円が多く、総戸数7万戸以上と選択の幅が広いというのもうれしいところです。

この制度を利用するには自立した生活を営んでいるなど、東京都が決めた一定の基準をクリアしなくてはいけませんが、このような取り組みを行なっている自治体があるというのは明るいニュースですね。

住宅ローン契約に関係する健康状態

住宅ローン契約に関係する健康状態

前回は住宅ローンを契約するときにも年齢制限があるという話をしましたが、先日のサイトにはもうひとつ気になる事が書かれていました。
それは健康状態について。

民間の銀行の多くでは、住宅ローンを契約する人の健康状態に応じて団体信用生命保険に加入する必要があるのですが、本人が持っている持病や病歴、健康状態によっては団体信用生命保険に加入することができず住宅ローンが借りられないということもあるのだそうです。
また希望する借り入れ金額に応じて保険会社から決められた診断書を提出する必要が出ることもあります。

若いときよりも高齢になった方が病気になるリスクも多く、前回の年齢制限とあわせて考えると「老齢になったときに住む場所を考えるということに早すぎるということはないのでは?」と思ってしまいました。

しかしこれからも進む日本の高齢化社会のなか、老齢になってからでも安心して住む場所を得るために何か方策はないものなのでしょうか?

二世帯住宅にもユニバーサルデザインの考えを

二世帯住宅にもユニバーサルデザインの考えを

以前、二世帯住宅のお話をした時に、バリアフリーについてもお話ししました。
しかし親世代と子世代だけでなく、孫世代も一緒に暮らす二世帯住宅を考える時には、高齢者に考慮したバリアフリーだけではなく、小さな子供のことも考えたユニバーサルデザインの考え方も必要になります。

前回お話ししたように、ユニバーサルデザインとは年齢や性別、能力の差異などに関係なくみんなが快適に使用できることを考えた設計のこと。
いくら二世帯住宅でいつも一緒にいるわけではないとはいえ、隣り合った家に住むのですから、お互いの家への行き来があることが想像できます。
そこで家族のみんなが快適に過ごせて、困ることがないようにということも考えていかなくてはいけません。

従来のバリアフリーの考えでは安全性・バリアフリー性能・使い勝手というものがメインとなってくるのですが、ユニバーサルデザインの観点では価格の妥当性というものも含まれます。
これはどんな人でも快適に使えることを追求するため。
建築費用をおさえることにもつながりますので、二世帯住宅を検討する際にはぜひユニバーサルデザインについても調べてみてください。

誰もが快適に使えるという事を追求したユニバーサルデザイン

誰もが快適に使えるという事を追求したユニバーサルデザイン

そろそろ夏の休暇はどこへ行こうかと考えだす時期ですね。

先日、最近はどんなホテルが人気なのかと、ネットで調べてみたところ、新しいホテルの中にはバリアフリーの部屋を設けているところが多いよう。
ハンデをもっている人もそうでない人も楽しい旅行ができるようにという心遣いが感じられます。

近年ではホテルだけでなく様々な場面で、老若男女・ハンデのあるなし・能力の差異に関係なく快適に使えるようにという思いが感じられる物や場所が増えてきたようです。
このような考えをもとにつくられた施設・製品・情報の設計の事を、ユニバーサルデザインといいます。

周辺を見渡すと缶のアルコール飲料の上部に記された点字や、背の高さや力の強さに関係なく楽に使える自動販売機など、身近なところにも様々なユニバーサルデザインがあります。
ユニバーサルデザインがもっと普及して、どんな人でも快適に過ごせる社会になるといいですね。

災害時の分譲マンションに関わる法

災害時の分譲マンションに関わる法

3月に東日本大震災のお話をしていたばかりなのに、また大きな地震が発生してしまいました。
今回の地震では倒壊した建物の映像を多く目にしました。
その光景を見ていて思い出されたのが、平成7年に発生した阪神淡路大震災。
建物が倒壊したり火事にあったりして、住めなくなった住宅がたくさんでて、復興する中で問題となったのがマンションの取り壊しについてでした。

当時の被災マンション法ではマンションの一部が滅失した場合では、規定がなかったため民法の原則によってマンションの所有者全員の同意がなければ建物を取り壊すことができませんでした。
しかしこの時の教訓をもとに政令が定めた大規模な災害によって建物が重大な被害を受けた場合には、マンションの所有者のうち5分の4の多数決によって取り壊しや売却の決議ができる改正被災マンション法ができたのです。

高齢者の住まいとして人気のシニア向け分譲マンションにも適応されるこちらの法案。
もしマンション購入を検討しているのなら、こういう時期だからこそ知っておきたい内容ですね。

「高齢者の問題」をシェアするハウス

「高齢者の問題」をシェアするハウス

こんにちは。
高齢者の孤独死や老老介護の近年問題となっていますね。
そこで、近隣とのコミュニケーションも
重視されるようになってきていますね。

注目されているのは、「高齢者のシェアハウス」です。
1つの物件を他人とシェアする文化は欧米では当たり前にあります。
日本でも広まりつつありますが、まだまだというところでしょうか。

また、子供に迷惑をかけれないから同居できない、
施設に入居する為のお金がない。など、理由はそれぞれですが、
余生を他人と暮らし、賑やかなものにしたい。
と願う高齢者が増えています。

入居者は掃除や洗濯、畑仕事もする。
介護施設ではないので、自分でできることは自分ですることができる。
自立した暮らしができて、以前よりも若返ったと感じる人もいます。
シェアハウスなので、キッチンや水回りが共用で、
家賃を低く抑えることができる。

また、同世代だけでなく、
他世代とも家をシェアすれば、高齢者がさらなる刺激や活力を得られるのではないか、と考えられ、多世代共生が売りのシェアハウスも出てきている。

高齢者であっても、
若者であっても「交流」や「安心感」を求めるのは一緒なようですね。
今後の広まりが楽しみですね。

高齢者との二世帯住宅

高齢者との二世帯住宅

こんにちは
先日は老老介護・認認介護についてお話ししましたが
今日は高齢者との二世帯住宅について話そうと思います。

二世帯住宅って今では一般的に見聞きするようになりましたね。
先日もお話ししたように核家族化が進んだことによって新おたがいスタイルが
求められるようになり、「嫁・姑問題」を解決しつつお互い安心して生活できる
住宅として注目されてきました。

二世帯住宅で親と同居している理由を聞くと、親の老後のことや
介護のことを考えたから という答えが多いようです。

実際に30年間二世帯住宅で生活した方へのアンケート調査では
91%の人が満足していて、その7割の人が親の介護がしやすいと答えていたそうです。
他にも、安心して旅行ができたり、急病のときに心強いなど安心感があることが
満足度の高さに表れたようですね。

二世帯住宅で親世帯と同居するにあたって、介護を考えたバリアフリーな家の
購入を希望する人も多いですね!

例えば車いすでも楽に移動できるように、、、とか
親の寝室からトイレや水回りが近いようになど。
車いすとなるとトイレを工夫したり、玄関を工夫したりと生活しやすくすることが必要ですね。

二世帯住宅は老老介護を防ぎ、孤独死を防ぐだけでなく
子育てにも協力してもらえるという面では便利なライフスタイルかもしれませんね!

高齢者の自宅での介護

高齢者の自宅での介護

こんにちは。
前回は高齢者の仮設住宅についてお話ししましたね。

今回は高齢者の自宅での介護について話そうと思います。
老老介護って聞いたことありますよね?
今や日本の社会問題とも言われています。
特に都会では核家族化が進み、昔は当たり前だった長男は親と同居する
という風習も今ではなくなってきています。
そして老いた両親だけで生活している世帯も多くなっているのです。

老夫婦だけで生活していると最初は大丈夫と思っていても年々老いが進み
どちらかに介護が必要になってしまうとその負担が大きいことは想像できます。

自宅での老老介護をしている人の半数近くが65歳以上。
介護者自身が高齢であるということは、本人も健康上に問題がある場合があります。
それに加えて介護…共倒れの危険が大いにありますね。

老老介護をせずに周囲に頼ったり、介護サービスを利用したりすれば負担は
減りますが、経済上の問題や家族以外に介護されたくないというお年寄りが多いようです。

また最近では、老老介護以上に認認介護という言葉もよく耳にするようになりました。
認知症の妻を介護していた夫も認知症に、、、なんて考えただけでも怖いです。

認認介護になってしまうと、適切な介護が行えない可能性が高くなってきます。
服薬管理や排せつケア、火の始末などが適切にできなくなると命にかかわることになります。

また、認知症が悪化する場合もあるみたいです。
アメリカの研究では、高齢夫婦の片方が認知症の場合もう一方が認知症になるケースはそうでない場合の6倍も多いのだとか。

最近では老老介護による殺人事件なども起きていますしね。
認認介護になると外部との接触も少なくなるでしょうから近所の人の
声かけが大事になってきそうですね

東日本大震災から5年。

東日本大震災から5年。

こんにちは。
先日東日本大震災から5年が経ちましたね。早いものです。
震災がおきて多くの仮設住宅が建設されましたが、高齢者が仮設住宅で
一人暮らしをするケースも多く、仮設住宅での孤独死は岩手・宮城・福島の被災3県で
およそ200人近くに達しました。
民生委員の方など各世帯の見回りを定期的にしている地区がほとんどですが
孤独死は年々増加しているようで防ぐことは難しいようです。
ニュースで聞きましたが、見回りに行っても面会を拒まれたり、無視されたり
することもあるようでそういった世帯では生存状況を確認することも難しいですよね、、、

災害公営住宅の建設も少しずつ進んでおり、仮設住宅から移った人もいるみたいですが
まだ仮説住宅で生活しているひとは岩手・宮城・福島で6万人近くいるらしい。
不自由に暮らしている人はまだまだいるんです。

また、福島など放射能に汚染されてしまって今まで立ち入りが禁止されていた地域でも
立ち入りが許可されたところもあるようですね!
でも、いざ自分が元々住んでいた場所に変えることができるようになったとしても
5年の間に新しい地で生活の基盤を築いた人も多くいるのです。
地元に帰ることになっても学校に通う子どもたちや高齢者にとってはおおきな負担になるでしょう。
5年という月日はあっという間に流れましたが、また移住となると今更…という感じを与えるほど
長い時間だったのかもしれません。

復興も大事ですし早く進めなければいけないものですが
過去の生活よりも今の生活を基準にこれからを考えることが大切かなと思いました。