住宅購入者に住宅総合保険がおすすめの訳。

住宅購入者に住宅総合保険がおすすめの訳。

前回までは損害保険の補償範囲について話してきました。どれもそれぞれに長所があるのですが、この中で戸建て住宅や分譲マンションを購入した後に加入するならどの保険が良いのでしょうか?
地震保険はほかの保険では保障されない地震に特化した保険なので、地震が多い日本で家を持つ以上は加入しておいた方が安心です。
ほかの3つの保険に関していうと、住宅購入者に対しては住宅総合保険がおすすめです。その理由としては、ほかの2つの保険ではカバーしてくれない範囲も補償してくれるということが第一にあげられます。水災に対する補償がされるのは住宅総合保険だけなので、川など水辺の近くに住むならとくにおすすめの保険です。
また多くの住宅総合保険では住宅そのものだけでなく家財に対する補償がセットになっています。一般的に住宅を借りるのに比べて住宅を購入する場合の家財に対する投資額は多くなるので、損害額が大きくなることが想定されます。そのため家財に対する補償もセットされているものを選ぶ方がよいのです。

住宅総合保険の補償範囲は?

住宅総合保険の補償範囲は?

前回は住宅火災保険と団地保険の補償範囲について話しましたが、今回はより補償範囲が広い住宅総合保険の補償範囲について話していこうと思います。

住宅総合保険の補償範囲は、第一に住宅火災保険と同じ「火災・落雷・爆発・ひょう・雪による損害」です。こちらの風災時の補償に関しては、風災による損害額が20万円以上の場合にだけ適用され、火災の場合には床上浸水か保険価額の30%以上の損害を受けた時に適用されます。
さらに「台風や暴風雨、豪雨などによってもたらされる洪水・高潮・土砂崩れによる損害」が補償されます。ほかにも「物体の衝突・給排水設備事故による水漏れによる損害」「盗難による損害」「騒擾による損害」も含まれます。この場合の騒擾は群衆や集団の行動によって、自分の家だけでなく周囲の数世帯以上が平穏な生活を害される状態をいいます。

住宅総合保険は補償範囲が広いだけでなく、戸建て住宅や分譲マンションの購入を考えている方にとって一般的な火災保険よりも有益という見解があるのですが、それはまた次回詳しく話しますね。