住宅火災保険と団地保険の補償範囲は?

住宅火災保険と団地保険の補償範囲は?

前回は地震保険の補償範囲について話しましたが、今回は住宅火災保険と団地保険の補償範囲について話していこうと思います。

住宅火災保険・住宅総合保険・団地保険の3つの保険には、地震による被害を補償しないという共通点はありますが、その他の補償範囲はそれぞれに違ってきます。
住宅火災保険の補償範囲は「火災・落雷・爆発・ひょう・雪による損害」です。また風災時の補償に関しては、風災による損害額が20万円以上の場合にだけ適用されます。
マンション保険ともよばれる団地保険の補償範囲は「火災・落雷・爆発・ひょう・雪による損害」のほかに、「物体の衝突・給排水設備事故による水漏れによる損害」「盗難による損害」「騒擾による損害」も含まれます。
ただ、この2つの保険と住宅総合保険の補償は、住宅にだけ適用されるものなので、家財にも保険をかけておきたい場合には「家財保険」に加入する必要があります。また自分の家が火元の火災で、隣家に燃えうつった場合の補償も特約がついていないかぎり適応外となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>